愛してる

愛してる

あたしね幸せな時間の中
ずっと捨てられる恐怖と背中合わせだった。

「捨てられないように尽くせばいいだけじゃん!」
わかってる。

だけどねいくら尽くしても、悲しいけどいつかあたしの身体もいらなくなる。

悲しすぎる

「もしあたしと離れたらどーする?」
「お前の代わり探すやろうな」
「アハハ〜そうだよね!じゃあ捨てられないようにがんばらなくちゃね!」

こんな会話を何度かした。

でも幸せだった
今こうやって彼と触れて居られる事だけがあたしの幸せ
彼の喜ぶ顔を見てるのがあたしの喜び。
他の楽しみなんて何も要らない

あたしは尽くせる幸せを知っている。

彼の為に尽くす事があたしの幸せ♡

都合のいいバカな女で居る事があたしの幸せ♡

堂々と胸を張って「いいでしょ!」って言える

それがあたしの生き方。
誰にも何も言われたくない

出来るだけ長く捨てられるまで側に居させて…



[PR]
# by takameg2002 | 2017-08-11 09:40 | Comments(0)

日記5

ただ側に居たい…これからも⑤
テーマ:ブログ
2016-09-04 01:47:03
俺の女。
そうだよ!もっともっと言ってよ!

もっとめちゃくちゃにしちゃってよ…
あたしは尽くせる幸せを知ってるから


最近、彼はIさんの事少し話してくる事がある。

あたしは自分の話をする事を躊躇してしまう
思い出したくもない。


「お前は俺の為にIと遊んでくれたん?めっちゃ尽くせる女」「俺の為やからやろ?」

彼との関係を繋ぎとめておく為…それ以外何もない。

Iさんが触れた所、全部剥がしてやりたい…

この蓋を開けなくちゃ!今まで蓋をしてきたあたしの心を彼に全部ぶつけなくちゃ!

あたし彼の事ホントにホントに大好き
それだけ伝わってくれれば良かった

Iさんの事、何が聞きたい?
聞いたらあたしの事キライになっちゃうんじゃない?

好きになってくれなくてもいいよ
ただ側に居たいの。

あたしの事キライにったら側にいられなくなっちゃうでしょ?

お願い…キライにならないで…
あたしの事捨てないで
少しでも長くあたしの側に居て欲しいの

幸せな時間の中、そんな事考えながらずっとずっと不安のまんま毎週彼と過ごしてた


この時間が出来るだけ長く続きますように…


[PR]
# by takameg2002 | 2017-08-11 09:39 | Comments(0)

日記4

ただ側に居たい…これからも④
テーマ:ブログ
2016-07-31 09:17:31
変わらないよ。
出会った時から…何にも変わらない。

彼が
「幸せを感じてくれる事。それがあたしの幸せ♡」

いつ会っても、いつも忙しくて色んな事頭でクルクル考えてて、フル回転で…
ゆっくりしたいなんて考えた事ない人?

いっつも全力で前に進んでく人。

「あぁ〜幸せ〜🍀」
…ってお風呂に浸かる事も無さそうな人。


あたしに癒しなんて求めてなくて、彼が求めてるのは忙しい彼の都合に合わせられる
都合のいい女。

年数も経って会う回数も増えて、少し距離が縮まったよね?

「あたし、今が一番幸せだよ❤️」
彼は…
「俺と会いながらでも、ちゃんといい男みつけろよ❗️」

「…」
「本当にそうして欲しい?」
「あたしの幸せは自分で決める」

「…」

時々そんな会話になる。

嫌いになったのなら別だけど、
ほっといて欲しい…

何回かそんなやり取りがあったけど、今は何も言わなくなった。

ただ一緒に居る時間をあたしは大切にしたい。

もう絶対、後悔したくない。
戻れないんだよ?

彼と居ると本当に素直になれるんだ
人に頼るなんて出来ないあたしが彼にだけは
甘えられる。
女で居られる。
全部受け止めてくれる。

…って思ってる。

「お前は全然甘えてこーへんなー」
「もっと甘えろよなー」

「じゅうぶん甘えさせてもらってるよー」

あたしが甘える事によって、彼の時間を使わせる事がすごくイヤ。
あたしが甘える事によって、家族から時間を奪うのもすごくイヤ。
ほんとにそぅ思える人


ほんの何時間だけ作ってくれる時間であたしは大満足なんだよ❤️

小さい頃から親に甘えさせてもらってなかったからか、甘え方も良くわからない。
だから誰かに甘えて生きるよりも自分の力で生きた方が楽チン!ってわかってるから

色んな生き方がある。

いつも思う。
みんな、みんな妥協して生きてるんだろうなー

「生まれ変ってもまた今の旦那さんと一緒になりたい?」
…「絶対イヤー」

「旦那さんの事、愛してる?」
「奥さんの事愛してる?」
…「情やね」「空気やね」

時には、
「はよ死んでくれへんかなー」とか…

何それ?
何で一緒に居るの?
けど大半がそうやって生きてるのかも…
だから主婦の浮気も多いし、原因は旦那さんにあるとか…平気で言っちゃう奴も居てる

あたしね、女1人で2人の子供育てて大変だった事も沢山沢山ある。
子供達には寂しい思いもさせたし…
「ゴメンね。働きっぱなしで…
いっぱいオモチャ買ってあげれなくてゴメンね…

だけど、愛だけはいっぱいいっぱい、あげれるからね」
これだけは自信があった。

でも本当に愛する事を教えてくれたのは子供達。
あたしが子供達からいっぱいもらったから…

そして、彼。

愛って心から相手の幸せを願う事。
全て受け入れてあげられる事。

心から愛する人が3人も居てるなんて幸せだと思う

自己中心的だけどあたしの持ってる愛、いっぱいいっぱい注ぎたい人に出逢えた事

あたし、『今が一番幸せ🍀』だよ

ずっとこの幸せが続きますように…

[PR]
# by takameg2002 | 2017-08-11 09:34 | Comments(0)

日記3

ただ側に居たい…これからも③
テーマ:ブログ
2016-07-22 01:34:51

「ごめんね…」
「あたし最低だね。」

「ずっとずっと会いたかった」

それからは1ヶ月に1回くらいのペースだったけど彼に会う事が出来た。


Iさんの事はお互い、口にする事はなかった。


彼以外には、なーんにもいらなくなっていく自分に少し喜びを感じるくらい満たされてった。

ある日、親友から彼の女性関係を聞かされた。
親友は彼の所でパートをさせてもらってるから情報は筒抜けだった

彼と付き合ってるってゆう女の子は
あたしも顔見知りの子

「あの子とほぼ同棲状態なんだって!」
「前に居た子も社長の彼女だったんだって!」
親友は情報を仕入れる度にあたしに話してくる。

女性関係…奥さん…子供。
あたしは何も聞きたくない。

彼と一緒に居られる少しの時間さえあれば何も求めたくないの…

彼との関係に嫉妬もワガママも必要ない。

「もっといっぱい聞かせて!
…出来る事なら彼の事キライにならせてよ❗️」
あたしは少し怒った

それ以来、親友も彼の事はあまり言わなくなった。

ほんとにどうでもいい事。
彼がいい思いをしてるなら、あたしはそれでいい。
それがあたしの幸せだから…

しばらくたって親友から、久々に彼の情報を聞かされた。

「あの子と別れたんだってー」   
「あの子すごく泣いてたよ」
「部屋に彼の荷物がいっぱいらしいよ」

…あたし…やっぱり、どうでもいい。

親友はあたしが喜ぶと思ったのかな…

「ありがとぉ。でも、どうでもいい。」

彼と2人で過ごす少しの時間さえあればいい。

冷たい?自分勝手?自己中…

何でもいい。

ただ彼の側に居たい。



親友からの別れたってゆう情報以来、彼は何となく心があるような気がした。
いつも「心ここにあらずだね〜」って笑っていたのに…

会う回数が毎週になった。


「不安だよ…」
「こんなに会ってたらまた、1人になっちゃうのは怖いよ…」
「もう寂しいのはやだよ…」

あたしは彼が幸せなら何にでもなれるでしょ!
いつも心に聞いてた


彼が幸せならいいはずなのに、気持ちがどんどん膨らんでいくのと同時に怖さも膨らんでく…
コントロールしなくちゃ!

この幸せがずっとずっと続きでますように…

[PR]
# by takameg2002 | 2017-08-11 00:09 | Comments(0)

日記2

ただ側に居たい…これからも②
テーマ:ブログ
2016-07-19 20:17:18
何年か経って、

「そろそろ飽きられちゃったかな〜」

いつも向こうからの連絡を待ってた…

やっと来た✨

「Iは俺の右腕。大事なやつだからちょっと遊んだって」…って…

今何て言ったの?…「やっぱり飽きられた…」
…「でも、Iさんと遊べば彼が喜んでくれる?彼とも繋がってられる?」本気で考えた。

ホントにバカでした…

そんなの出来る訳もなく…

「ごめんね。Iさんの事、やっぱ無理。」

もぅ終わった…と思った

無理って言った後、やっぱり彼からの連絡はしばらくの間、途絶えた。

ずっと彼の事は頭から離れなかったけど
そんな女にしか見られていなかった自分。
自業自得だね。…ここでも心に蓋をした。

何年?何ヶ月?が過ぎて、あたしはある男性と出会い、子供達が取り持ってくれた事もあって、その人と一緒になる為に何十年住み慣れた街を離れて、色々な思いを断ち切る覚悟をした。

「この街、離れるよ。」

このメールで最後。
あたしの中でケジメをつけたかった
彼のアドレスが変わってませんように…

思い切ってメールをした。

返事は今まで、何も無かったかのように…

「そんなに遠くないから、また会えるね」

やっぱり…あたしはただの元セックスフレンド。

あ〜何となくスッキリした〜❗️


そして新しい彼と2人の子供を連れて少し離れた街で結婚し、誰も知らない何のしがらみも無い生活に希望を描いて…

出発❗️

…あたしって、とことん馬鹿

その人の借金の保証人になる為に籍を入れなければいけないとゆう嘘も見破る事すら出来ず
束縛する彼を、自分の居場所が出来たと勘違い。

本当に自分でもウンザリ…

籍を入れた日からDVが始まる。
モラハラ
あたしの子供にも手を挙げる…
金属バットまで…
笑う事すら許されない。

「子供には手を出さないで❗️」
だけど止まらなかった。

1年も続かなかった。
夜逃げするように子供達を連れて家を出た。

「ごめんね」
色んな事から逃げ、子供達に苦しい思いをさせてしまった自分をどんどん嫌いになっていく。

「ごめんね」「ごめんね…」

泣いていても仕方ない。前を向かなくちゃ❗️
これからは何があっても、あたしの手で幸せにするから…

その時、彼の存在は少し薄れてたのは確か。
地元には戻れない。誰に頼る事も無く、また知らない場所で新しく生活を始めるあたしには、恋どころじゃなかったしね…

そんな時、彼からメールが…

「会える?」

何で?このタイミング?
何で急に思い出したんだろう…

何でもいい。すっっごく嬉しかった

でもでも、絶対会っちゃダメ❗️
会えば一瞬で気持ちが引き戻されるのはわかってるから…
苦しむのはあたし。

必死で断る理由を考えた。

「じゃあ、あたしの身体買ってくれる?」

最低…

何でこんな返事してるんだろう…
売る価値なんて全くないくせに
会いたいのはあたしの方なのに

最低…

自分の心とは真逆。

涙が止まらなかった。

彼は

「いいよ」 「いくら?」

お願い。あたしを追い詰めないで…

また引き込まれいてくのは目に見えてたから。



[PR]
# by takameg2002 | 2017-08-09 19:31 | Comments(0)