日記3

ただ側に居たい…これからも③
テーマ:ブログ
2016-07-22 01:34:51

「ごめんね…」
「あたし最低だね。」

「ずっとずっと会いたかった」

それからは1ヶ月に1回くらいのペースだったけど彼に会う事が出来た。


Iさんの事はお互い、口にする事はなかった。


彼以外には、なーんにもいらなくなっていく自分に少し喜びを感じるくらい満たされてった。

ある日、親友から彼の女性関係を聞かされた。
親友は彼の所でパートをさせてもらってるから情報は筒抜けだった

彼と付き合ってるってゆう女の子は
あたしも顔見知りの子

「あの子とほぼ同棲状態なんだって!」
「前に居た子も社長の彼女だったんだって!」
親友は情報を仕入れる度にあたしに話してくる。

女性関係…奥さん…子供。
あたしは何も聞きたくない。

彼と一緒に居られる少しの時間さえあれば何も求めたくないの…

彼との関係に嫉妬もワガママも必要ない。

「もっといっぱい聞かせて!
…出来る事なら彼の事キライにならせてよ❗️」
あたしは少し怒った

それ以来、親友も彼の事はあまり言わなくなった。

ほんとにどうでもいい事。
彼がいい思いをしてるなら、あたしはそれでいい。
それがあたしの幸せだから…

しばらくたって親友から、久々に彼の情報を聞かされた。

「あの子と別れたんだってー」   
「あの子すごく泣いてたよ」
「部屋に彼の荷物がいっぱいらしいよ」

…あたし…やっぱり、どうでもいい。

親友はあたしが喜ぶと思ったのかな…

「ありがとぉ。でも、どうでもいい。」

彼と2人で過ごす少しの時間さえあればいい。

冷たい?自分勝手?自己中…

何でもいい。

ただ彼の側に居たい。



親友からの別れたってゆう情報以来、彼は何となく心があるような気がした。
いつも「心ここにあらずだね〜」って笑っていたのに…

会う回数が毎週になった。


「不安だよ…」
「こんなに会ってたらまた、1人になっちゃうのは怖いよ…」
「もう寂しいのはやだよ…」

あたしは彼が幸せなら何にでもなれるでしょ!
いつも心に聞いてた


彼が幸せならいいはずなのに、気持ちがどんどん膨らんでいくのと同時に怖さも膨らんでく…
コントロールしなくちゃ!

この幸せがずっとずっと続きでますように…

[PR]
by takameg2002 | 2017-08-11 00:09 | Comments(0)